相手のハラからつながる意識を稽古しました

今回は道具(ゴム紐)を使い、相手のハラから指先までを引き出し、ゴムに緩みがない状態を保持するように一教等を行いました。

  • 正面打ち一教
  • 相半身片手取り一教
  • 相半身片手取り呼吸投げ
  • 相半身片手取り入身投げ
  • 相半身片手取り四方投げ
  • 正面打ち隅落とし

右半身の相半身片手取りだと、受けの右手->右腕->右肩->左腰を1つながりのものとして扱う感覚です。

「よくこんな方法思いつくね」

と言われましたが、どのような意識で型をやっているか理解の助けになればと思います。

 

今日も楽しく稽古できました。

ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください