いい場所に入身してから腕を遣うを試してみた

今回の稽古内容は次のとおりです。

  • 片手取り両手持ち呼吸法
  • 片手取り両手持ち呼吸投げ(巻きこみ)
  • 胸突き四方投げ
  • 肩取り三教

片手取り両手持ちは、2本の腕で抑えられるため崩すのが当然難しいです。

そこで次のことを意識して稽古しました。

  1. 自分の中心で腕を遣えるようにする。
  2. (腕を温存して)足でいい場所に入る。
  3. ちょうどいい間(=有効な距離)で腕を遣う。

いい場所に入ると、受けの腕を「上げる」ではなく「上がる(浮く、軽くなる)」ところがあり、ここで初めて腕を遣うと受けとぶつからずに一緒に動くことができます。

この変化を感じるには、ゆっくり、静かに稽古するのがよいと思います。慣れてくると、速く動いても、目を瞑っていても違いが分かってきます。感じようとする意識を持って稽古を積むのが一番の近道と考えます。

今回も楽しく稽古できました。

ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください