入身の位置、間を意識した稽古をしました

下記の技を稽古しました。

  • 胸突き一教
  • 胸突き入身投げ
  • 胸突き四方投げ
  • 横面打ち小手返し
  • 諸手取り呼吸法

経験の浅い参加者が、胸突きや横面打ちの手を取りに行く傾向があったので、取り側の当てがあたる距離、反撃されづらい位置への入身、それから手を取るように段階をわけて稽古しました。

同様に、諸手取り呼吸法を受けの下に入って全身の力で持ち上げる方法を行っていましたが、この方法は受けが強い人だと上がりません(逆に下につぶれます)。いい位置に移動してから、受けの体がねじれが発生するように振りかぶっていきます。

正しくない稽古を続けると、正しくないクセがついてしまいます。

あとから動きを変えるのは大変なので、初中級者は疑問があったら信頼できる先生、先輩に、早く確認したほうがいいと思います。

今回も楽しく稽古できました。

ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください